60代女性の薄毛対策

60代の薄毛の原因と育毛剤の選び方とは?

60代女性の薄毛原因は、ほとんどの場合加齢によるものです。60代になるとだいたいの人が閉経し、女性ホルモンの分泌量が格段に減り、髪を作る機能が低下します。さらに加齢により食欲が低下してしまうことも原因です。食事によって摂取した栄養素は、一番始めは生命維持の為のエネルギーに変わります。最後に髪の毛の為の栄養素となるので、摂取する栄養が少ないと髪の毛の為に頭皮に送られる栄養素は完全に栄養不足になります。すると髪の毛を作り出す機能が正常に働かなくなり薄毛になります。さらに糖化も60代の薄毛の原因です。頭皮にあるエラスチンやコラーゲンにより頭皮に弾力性が生まれ髪の毛にしっかりと栄養が送り込まれます。しかし、エラスチンやコラーゲンが糖化することにより髪の毛が正常に発育出来なくなってしまうのです。

 

歳だからといって薄毛の悩みを諦めてしまうのではなく、しっかりとケアすれば改善することができるのです。60代女性が髪の毛までにも行き届く栄養を摂取するために食事量を増やすのは難しいことです。そのため、女性用育毛剤を活用すると良いです。女性用育毛剤を選ぶときの注意点として、若い女性が使用する育毛剤では浸透力が足りず、いくらつけても意味がありません。糖化してしまっている頭皮にもしっかり育毛剤の成分が染み込むように、浸透力の高いものを選ぶことが大切です。
また、60代女性の薄毛の場合、若いころのようにフサフサとしたボリュームのある状態に戻すことは難しいことなので、現状ある髪の毛を維持していくことが目標だということを把握しておくと良いです。若いころの姿を追い求めすぎてしまうと、新たな髪の毛が生えないことへのストレスを感じてしまうようになります。ストレスは薄毛に拍車をかけてしまいます。頭皮に刺激を与えてしまうことも抜け毛の原因となってしまいます。男性用の育毛剤や男女兼用の育毛剤の成分は頭皮への強い刺激となってしまうので避けましょう。