50代女性の薄毛対策

50代女性の薄毛原因はエストロゲンの減少にあります

 

50代女性の薄毛原因は、エストロゲンの減少です。エストロゲンとはいわゆる女性ホルモンです。50代の女性は、月経が終わる人が多い傾向にあります。そして、同時に更年期にかかりやすくなる年代でもあるのです。更年期になると、女性ホルモンの分泌量が減少していきます。エストロゲンには、髪の毛を生やす働きがあります。また、生えた髪の毛を維持する働きもあるのです。そのためエストロゲンが減少すると、新しく髪の毛が生えてこなくなったり、生えてきてもすぐに抜けてしまうのです。
また、男性ホルモンが多く分泌されることも原因の1つです。女性ホルモンが減少していくにしたがい、男性ホルモンが増えていきます。通常、女性の薄毛は髪の毛1本1本が細くなることで全体的なボリュームが減った状態です。これに対し男性ホルモンの増加が原因の薄毛は、頭のてっぺんだけが薄くなります。
そして、血行不良も薄毛の原因になります。年齢を重ねるとともに新陳代謝は低下していきます。代謝が低下すると血行も悪くなってしまい、毛根にまで栄養が行き届かなくなるのです。また、血行が悪くなることで頭皮が固くなります。
50代女性の女性用育毛剤は、頭皮の血行を促進するものや、ホルモンバランスを整えるものが向いています。育毛剤によっては、血行促進とホルモンバランスを整える成分がバランスよく配合されているものがあります。薄毛の原因がハッキリと分からない場合は、成分がバランスよく配合されているものを選んでください。頭皮の血行が悪い場合や、男性ホルモンの増加が問題の場合は、それぞれの原因に働きかける育毛剤を使用してください。
どのタイプの育毛剤を使用するにしても、低刺激で匂いが抑えられているものを選びましょう。バリア機能が衰えていることが多いため、50代の頭皮は敏感なのです。したがって、育毛剤の刺激の強いものを使用してしまうとかえって逆効果になってしまうのです。