男性用と女性用の育毛剤

女性用育毛剤と男性用育毛剤の違い

女性と男性では抜け毛や薄毛になるメカニズムが違うので知っておきましょう。男性は頭頂部や額の生え際など局所的に髪が薄くなるのが特徴で、女性は頭部が全体的に薄くなります。これは男性が男性ホルモン、女性が女性ホルモンによって影響を受けるからです。若い女性の場合は栄養不良が原因になることもあります。

 

髪の寿命を延ばすために働く女性ホルモンのバランスが崩れてしまうことで、女性は脱毛しやすくなります。特に閉経するとホルモンは減少してしまい、更年期を過ぎると加齢も影響して毛髪はさらに抜けやすくなるので注意が必要です。パーマやヘアカラーの使用も、頭皮や毛髪にダメージを与えてしまいます。また、ホルモンはヘアサイクルにも影響しており、過度なダイエットやストレスによってバランスが乱れて髪が薄くなってしまうことも多いです。出産をした方も栄養が不足しやすく、ホルモンのバランスが崩れやすくなります。そのため女性の髪の悩みを解決したい場合、ストレスをためずに早寝早起きをこころがけることが大切です。また、栄養不良の状態を改善するためにカルシウムやたんぱく質、ミネラルなどが含まれた食事をとるのが重要です。

 

このように性別によって抜け毛や薄毛になる原因が違うので、育毛剤の成分も変わります。髪の悩みを解決するなら、男性用と女性用の育毛剤にどんな違いがあるか理解しておくのは重要です。女性用育毛剤には保湿成分や栄養成分、イソフラボンなどが配合された製品が多くなっています。乾燥してしまった頭皮に女性用育毛剤を使うことで、頭皮の状態の改善を目指すことが可能です。頭皮の状態がよくなることで、抜け毛も少なくなり太い毛が生えやすくなります。さらに栄養成分によって血行を良くなることで頭皮の炎症を防ぐことができ、女性ホルモンと同様の働きをする成分によって毛髪の寿命も伸びるのが特徴です。このように女性が早く育毛ケアをしたい際に大事な働きをするのが、女性用育毛剤です。