産後抜け毛予防

産後の抜け毛予防に知っておきたい対策法

 

多くの人が、産後の脱毛を経験しています。それは、女性ホルモンの影響が大きく関わっています。女性ホルモンには黄体ホルモンと卵胞ホルモンがあり、通常はこの二つのホルモンがバランスよく体内に存在しているのですが、妊娠中は黄体ホルモンが活発になります。出産をきっかけに黄体ホルモンが急激に減少することで、脱毛の症状が出るので、多かれ少なかれ誰でも経験する症状と言えます。そもそもこの黄体ホルモンは、細胞を活発化させるホルモンなので、髪の毛の生え変わりなどに大きく関わっています。そのホルモンが減少するのですから、当然のことです。

 

もちろん、病気ではないので、そのまま時が経てば正常の状態に戻るのですが、全く対策をすることなく、ひどい円形脱毛症になってしまう可能性も全くないわけではありません。生活面の見直しはもちろん、女性用育毛剤を利用するなど、出産後の対策や予防をしっかりとしておくことで、ヘアサイクルの正常化を促し、ひどい脱毛を防ぐことも出来ます。抜け毛の量を抑えるためにも、対策や予防をしておきましょう。

 

女性用育毛剤に関しては、男性の脱毛状態とは全く異なる原因なので、配合されている成分をしっかり確認しておきたいものです。ほとんどの女性用育毛剤が頭皮環境を整えるような、ナチュラルな原料が多く配合されています。特に、産後と言えば、授乳中になる可能性が高いので、注意が必要です。ご自身や赤ちゃんの為にも、多少なりとも体内に吸収されることを考慮して、気を使うに越したことはありません。直接作用するような成分を避け、緩やかな作用のものや、抜け毛を防止するようなものを選びましょう。天然の植物性オイルを抽出した育毛剤を選ぶといいかもしれません。

 

使い方としては、頭皮を常に清潔に保ち、成分を浸透しやすくしておきましょう。また、頭皮を自身の指の腹で、優しくマッサージすると血行も良くなりますし、浸透しやすくなります。

 

育毛剤を利用することは、脱毛の予防としてとても効果的です。