女性用育毛剤 女性ホルモン

女性用育毛剤に女性ホルモンは入っているの?

 

女性用育毛剤を色々見ていると、「女性ホルモン配合」と謳っている商品があります。
実際は似た働きをする成分(イソフラボンなど)が配合されており、本物の女性ホルモンが入った育毛剤というのは存在しないようです。

 

女性用育毛剤で女性ホルモンは増えるのか?

 

薄毛の原因であるホルモンバランスの崩れが改善出来るような気もするのに、女性ホルモン配合の女性用育毛剤が何故存在しないのか。
その理由を見てみましょう。

 

女性用育毛剤に女性ホルモンが配合されない理由

 

技術的に難しい

女性ホルモンというのは、女性が初潮を迎えた思春期から分泌が始まり生理や出産、授乳、閉経と実に様々な場面でバランス調整されて体内で微量に作られる成分です。

 

これを人工的に抽出して誰の身体にも適応できる量を配合するのは非常に難しい事であり、現在では技術的にも不可能なのです。

 

頭皮に塗布しても効果はない

女性ホルモンは髪を豊かにする働きがありますが、その働きがあるのは毛包という毛穴よりも深い部分にある、バルジという部分にあります。
女性ホルモンの配合された育毛剤を直接頭皮に塗布しても、このバルジまでは浸透しません。
外部から女性ホルモンを入れても、届かなければ意味がありません。

 

女性ホルモンは自分の体内で作る必要がある

女性ホルモンのバランスが乱れると、冷えなどから血行不良になり薄毛へと繋がります。
どれくらい不足していているかなど分からずに、闇雲に女性ホルモンを外部から入れるのはおすすめ出来ることではありません。
結果、ホルモン過多でまたバランスを崩す危険性があります。

 

女性用育毛剤に頼らずホルモンバランスを整えよう!

 

人間の身体というのは実によく出来ており、ホルモンも必要な時に必要な分を、本来は分泌できるようになっています。

  • 早寝早起きなどの規則正しい生活
  • バランスのとれた食事
  • 適度な運動
  • 適切な睡眠

身体に良い事は当然頭皮にも良いのです。

 

健康な身体作りを積極的に行い、ホルモンバランスをしっかりと整えて元気で健康な髪を目指しましょう!
これらに勝る健康法はないのです。