女性用育毛剤 医薬部外品

女性用育毛剤は大きく分けて3種類

 

女性用育毛剤は、大きく分けて3種類があります。

 

「女性用育毛剤」医薬品と医薬部外品の効果の違い

 

  • 医薬品
  • 医薬部外品
  • 化粧品

それぞれ意味があって種類分けされているので、何が違うのか、細かく見てみましょう。

 

医薬品

医薬育毛成分が一定量以上配合されており、効果・効能を厚生労働相が認めたもの

 

医薬品ですので、医者による診断、処方箋が必要になります。
有効成分の配合量が多めなので、副作用の心配も考える必要があります。
保険適用外の為、価格も高めです。

 

医薬部外品 及び 薬用品

医薬育毛成分が一定量配合されており、効果・効能を厚生労働相が認めたもの

 

医薬品と比べると、有効成分の配合量に違いがあります。そのため治療、治癒というよりは予防に近いです。
医師の診断や処方箋が必要なく、育毛剤を得意とするメーカーやネット、ドラッグストアなどで手軽に買えるのが魅力です。

 

有効成分の量も医薬品よりは抑えめなので、副作用も医薬品ほど心配されていません。
価格もそこそこと手を出しやすいので、最も人気のある女性用育毛剤のジャンルと言えます。

 

化粧品

医薬育毛成分が一定量配合されていないもの

 

配合出来ない成分はきちんと定められているので、その分副作用の危険性がぐっと低いのが魅力です。
上記の2種に比べるとアレルギーの心配もあまり必要ないので、気軽に使えます。

 

育毛を目的とした頭皮のスキンケア用品や、育毛シャンプーなどが挙げられます。
医薬品や医薬部外品に比べて配合成分量の違いから、効果が比較的ゆるやかで価格も手を出しやすいので、併用する事が多いようです。
色々なメーカーより一般的に流通しており、ドラッグストアなどでも安価で購入出来るなど、女性用育毛剤として種類がとにかく豊富です。

 

いずれのタイプも、メリットとデメリットがあります。
女性用育毛剤は長期間に渡り使い続ける必要があるものなので、無理なく使い続けていけるもの、そしてストレスなく使っていける、自分に合った物をきちんと選んで正しく使いましょう。