女性用育毛剤 ミノキシジル

ミノキシジルは女性用育毛剤として効果があるの?

 

女性用にもミノキシジルの効果があります。

 

ですが、女性に対してあまりにも効果が強すぎる為、刺激物になってしまい頭皮にとって良い環境を提供できません。
女性がどうしてもミノキシジルを使いたい場合は、水で薄めて使うことも出来ます。

 

ミノキシジルは女性用育毛剤として効果があるの?

 

ミノキシジルには血管を拡げて血流を活発にする働きがあります。

 

頭皮に塗布することで、髪の根にあたる毛根の真ん中部分の毛乳頭に酸素や栄養分を届けてアプローチしてくれる成分です。
育毛剤を使う上で必ず目にする成分名なので、どういうものなのかをきちんと知っておきましょう。

 

そもそもミノキシジルって何?

 

そもそも、ミノキシジルって何でしょうか?
シジミ汁、みたいな感じですけど・・・(;´・ω・)

 

ミノキシジルの特徴をいかにまとめてみました。

  • 本来は、心臓病や脳血管疾患、高血圧などの治療に使われる「薬の成分」のことです。日本でも、血管を拡張させる作用があることから高血圧の薬として使われており、厚生労働省もその効果を認めています。
  • 血行促進による発毛効果があったことから育毛剤にも使われるようになりました。
  • 男性の薄毛対策として配合されることが多いです。
  • 医薬品(薬)である為、 医師による診断・処方箋が必要です。医薬品=薬なので、副作用も確認されています。そのため、育毛剤で配合する場合には外用塗布という形で副作用(動悸、息切れ、肌荒れ、多毛症、倦怠感など)のリスクを軽減して用いることがほとんどです。
  • また、塗布する外用薬と飲用するミノキシジルタブレット(通称ミノタブ)の2種ありますが、日本ではタブレットは認可されていない為ほぼ外用薬です。
 

ミノキシジルは女性が使用しても平気?

 

ミノキシジルは女性用育毛剤として効果があるの?

 

男性に比べると、女性の皮膚は薄くてとても繊細です。
薄毛の状態だと尚のことデリケートですから、男性用よりも低刺激な物が望ましいですね。

 

ミノキシジルは医薬品であり、副作用が心配されるほどの強い効能があります。
男性よりも女性は刺激を受け易いですから、女性が使う場合には必ず「女性用に作られた、濃度が低めの女性専用の物」を使うようにしましょう。

 

もしくは、後程ご紹介する「リデンシル」が良いと思います。

 

効果的な医薬品、と聞くとつい手を伸ばしたくなりますよね。
しかしメリットがあれば当然デメリットもあります。何か起きてからでは元も子もありません。
使う前に、しっかりと情報収集を怠らないようにしましょう。

 

女性にはリデンシルが効果的

 

ミノキシジルは、女性には刺激が強すぎて逆効果。
それに、副作用の原因にもなります。

 

最近、ミノキシジルよりも育毛効果が高いのに低刺激な成分が発見されました。
それが、

 

リデンシル

 

です。
リデンシル配合の女性用育毛剤は少ないのですが、当サイトで紹介している育毛剤の中に一つだけあります。

 

リジュン 」という女性用育毛剤です。

 

この育毛剤は、リデンシルが配合されているだけでなく、「フラボ酸」を配合することにより、頭皮への浸透力を高めています。

 

ミノキシジルは女性用育毛剤として効果があるの?

リデンシルは、スイスの化粧品原料メーカー「induchem社」が開発したスゴイ育毛成分。
ドイツで開催される世界最大級の化粧品原料展示会「インコスメティック」で2014年に銀賞を受賞している世界的にも超有名な育毛成分なんです。

 

リデンシルは、毛包内にある「バルジ領域」にアプローチすることにより、髪の成長を促す効果があるんですよ。
ちなみに、リデンシルっていうのは単体の成分ではありません。
複合的な成分で構成されたものを「リデンシル」と呼んでいます。

 

リデンシルは、「セイヨウアカマツ球果エキス・チャ葉エキス・グリシン・ピロ亜硫酸Na・塩化亜鉛」で構成されています。

 

リデンシルが、ミノキシジルと大きく異なるのが、安全性でしょう。
ミノキシジルと比べて、リデンシルには副作用の心配がほとんどありません。

 

だから、女性用育毛剤にも入れることができるのです。

 

リジュン矢印