女性用育毛剤 ホルモン

女性のヘアサイクルにホルモンバランスは不可欠

 

女性用育毛剤でホルモンバランスを整える

 

薄毛の原因のひとつは、加齢や生活習慣の乱れ、ストレスなどによって起こる、エストロゲンの減少です。
エストロゲンとは、卵巣から分泌されている女性ホルモンの一種で、生成量が減ると、髪の毛や肌、体調などにさまざまな問題が起こります。

 

頭皮にツヤやハリを与えて、すこやかな状態をキープするためにも、エストロゲンは欠かせないものなので、減少すると、ヘアサイクルに乱れが生じます。
髪の毛の成長を促進し、抜けにくくもしてくれるので、体内でエストロゲンの生成量が減少すると、細くて抜けやすい髪の毛しか生えて来なくなります。

 

エストロゲンが減少して、ホルモンバランスが乱れると、頭皮の健康状態も悪くなるので、フケやかゆみが出やすくなります。
女性のヘアサイクルにホルモンバランスは不可欠なので、乱れている場合は対策しなければなりません。

 

女性ホルモンが入った女性用育毛剤はない

 

エストロゲンの減少が女性の薄毛の原因なら、それを補充すれば、髪の毛の状態がすこやかになります。
しかし一般的な女性用育毛剤には女性ホルモンは含まれていません。頭皮の血行を促進するタイプが主流なので、口コミの評判の良いものを選びましょう。

 

抜け毛が増える原因には、血行不良により、髪の毛に必要な栄養が毛根部まで届きにくくなったので、成長が不十分になってしまったことが挙げられます。
そのため多くの女性用育毛剤には、血液の循環を良くするための、血行促進をサポートできる有効成分が配合されています。

 

ホルモンバランスの乱れは、生活習慣を改善すれば整えられるので、暴飲暴食や喫煙、睡眠などをやめて、規則正しく生活するようにしてください。
そうすればホルモンバランスを整えることが出来ます。

 

女性用育毛剤で崩れたホルモンバランスを整える

 

女性用育毛剤で崩れたホルモンバランスを整えるというのは良い考えですが、実際にはエストロゲンなどの女性ホルモンを配合した商品は存在しません。
ただしイソフラボンやザクロなどの、エストロゲンと似た働きをする成分を配合した商品は販売されているので、それを使えば、ホルモンバランスを整える効果を期待できます。

 

女性用育毛剤は医薬品ではなく、副作用の恐れの少ない医薬部外品なので、女性ホルモンそのものが入っている商品は販売されていないので注意が必要です。
女性ホルモンを人工的に生成することは現在の技術では不可能なので、そのような商品を作ることは出来ないのです。

 

女性ホルモンの不足を補いたいときは、イソフラボンなどを配合した商品を使うようにしてください。